ライナースケジュール

海技・安全グループ
船舶管理・保船室

技術関連部署

弊社技術部署は、運航・貨物積付け管理などを主業務とする海技・安全グループ、運航船隊の船質管理などを主業務とする船舶管理・保船室があり、運航船の品質保持及び安全な貨物輸送を担っております。


主な業務

輸送管理

海技・安全グループでは、東京本社を中核に神戸、韓国、タイ、インドに海務監督を総勢17名常駐させております。そこで日々の安全運航に向け、荷役監督や本船指導含め、多岐にわたる技術支援を担っております。
また2020年には、従来、輸送が難しいとされていました鉄鋼線材製品への独自の固縛方法において特許を取得するなど、新たな輸送方法の開発・提案なども行っております。
ありとあらゆる輸送ニーズにお応えするため、豊富な知識と経験を礎に、それぞれの貨物に専門の海務監督を設け、最高レベルの安全ならびに効率的な輸送サービスを提供いたします。

船質管理

船舶管理・保船室では、お客様へ安全な海上輸送をご提供する為に、運航船への定期的な検船及び乗組員への指導を行い、良質な運航船隊維持に努めております。
また、商船三井グループや豊富な運航船舶隻数より得られる情報を基に、各運航船へ情報共有を行い、更なる安全・船質向上を行っております。

環境対策

昨今、地球温暖化要因となるCO2排出削減など環境保全への要請が高まっております。
お客様のニーズに寄り添いながら、従来型の船舶よりも環境負荷を低減させるべく新規技術を取り込んだ船舶の立案・検討を常に行うことで環境に優しい最新鋭の船舶をご提供致します。